知り合いのおじさんがガンになったとき…

知り合いのおじさんがガンになったとき…

私の同級生のお父さんが、悪性腫瘍の、もう完治することのないガンになってしまったとき、もう治すための薬は使わず、麻薬で痛みを散らして死期を待つような治療が施されているようで、そのため、髪も抜けたりせず、そのままはえていましたが、おじさんが泣いているのを見てとても悲しくなりました。
信頼できるがん治療をお探しならこちら!
痛くなくても、麻薬で散らしていることだって通常の事じゃないし、もう絶対治らないと本人も知っているし、必ず死ぬのに、それを待っていなきゃならないなんて、一体どんな思いなんでしょう…?
こちらから免疫治療について知ることが出来ます。
私には想像もつかないです。
そのお父さんと、子供である私の友達は、よく顔が似ているので、おじさんでも友達がガンになってるような気がして…
気になる方は免疫細胞←こちらをクリック!
何もできなくて、こういう病気に対して人間は無力なんだと痛感しました。
話題のがん治療 先進医療についてわかります。
また、高校生の時の女の子の同級生も、途中ガンになりました。
抗がん剤を打ち続けて、髪が抜け落ちて全然なくなってしまったそうです。
とてもつらそうで、見ていられないと、ご両親が言っていました。
だけど昏睡状態が続いていて、もう話すこともできないし、「お見舞いに来てもらっても、もう目も開けないから、来なくてもいいよ」と言われ、そのままになっています。
知りたいがん治療 免疫細胞療法についてはこちら!
私は次に電話をするのが怖くて、そのままなんです。